菊松のこだわり

●こんにゃく●
菊松のこんにゃくは、広島県府中市で有機栽培されたこんにゃく芋を造る度にまるごとすり潰し、昔ながらの木灰を使用し、手間と時間のかかる缶蒸製法によりゆっくり熟成させたこんにゃくです。

「アク抜き不要」サッと水洗いだけで、「生」でも美味しく、いつもの煮物に使用してみればなおその違いに驚くことでしょう。
こんにゃく特有の嫌な臭いがほとんどありません。一度食べればもう、後戻りできない!

【一般的なこんにゃくとの違い】
原料
量販店で販売されているこんにゃくは「蒟蒻芋」を製粉した「こんにゃく粉」が使われています。こんにゃく粉は保存性が高く、扱いやすいため多くの蒟蒻屋が使用しています。
一方「蒟蒻芋」は菌に弱く大変傷みやすいので、掘り起こされ、土を洗い流すとすぐに冷凍しなければいけません。

原料
通常こんにゃくを凝固させるのに使用するのは消石灰ですが、本品は昔ながらの木灰(関西圏で生育した立木による間伐材を原料とした木質ペレットを自社製灰)と北海道産のホタテ貝のカルシウムを使用しています。そのためこんにゃく特有の嫌な臭いが抑えられています。


こんにゃく粉で作ると真っ白なこんにゃくになります。そのためこんにゃく粉を使用した板こんにゃくには海藻粉末が添加され色を付けています。本品は、蒟蒻芋そのまんまの色でできています。商品に見られるツブツブは蒟蒻芋の皮です。

使用方法
一般的なこんにゃくは臭く、またアクが強いために塩もみや下茹でといったあく抜きが必要です。本品は上記に述べた通り原料が違いますし、また製法により2晩かけてゆっくり熟成させておりますのでアクが抜け嫌な臭いも気になりませんのでサッと水洗いのみで生でも調理でも美味しくお召し上がりいただけます。


●生ところてん●
菊松の生ところてんは、厳選した国産天草100%を使用し電子イオン水で仕込んだ本格的なところてんです。
通常のところてん(麺状になっているもの)と違い、保存水を使用せず煮出した天草のエキスをそのまま充填していますのでフレッシュで、雑味のないピュアなところてんを味わえます。
きゅきゅっとした歯触りが心地良く、クセになってしまう生ならではの美味しさをお楽しみいただけます。


●わらび餅●
菊松のわらび餅は、厳選した国産こんにゃく粉と自然栽培された茨城県産さつまいも澱粉で作っています。
ぷるぷるとした食感と心地良い弾力が自慢の美味しさです。

●とろさしみこんにゃく●
菊松のとろさしみこんにゃくは、厳選した国産のこんにゃく粉と茨城県産さつまいも澱粉を使用し
食感と舌触りのとても美味しい一品です。
更に国産うすば青のりを練込み、磯の香と豊かな風味がお楽しみいただけます。